2016年に遊んだゲーム感想

今年遊んだゲームの短い感想をプレイ順で書いてみる。

 

幻影異聞録#FE

FE×アトラスのRPG。FE要素は少なくて、アトラスのRPG要素が強かった。アイドルアニメのようなノリのシナリオは人を選ぶかもしれないけど、僕としてはかなり面白くて当たりだった。

 

オーディンスフィアレイヴスラシル

2Dアクションのオーディンスフィアのリメイク。リメイク元はやったことがないんだけど、難しすぎず優しすぎず、アクションゲームとして普通に面白かった。ファンタジーな雰囲気とポエムが凄い。

 

龍が如く

初代龍が如くのリメイク。龍0のシステムでリメイクされたから動かしやすくなっていた。追加の錦山の話はちょっと薄っぺらかったかな。どこでも真島も最初はインパクト強くて面白かったけど、エンカウントがだんだんめんどくさくなってしまった。初代のストーリーは文句なしに面白いのでこれから龍が如くを始める人におすすめ。

 

・いけにえと雪のセツナ

クロノトリガーを意識したRPG。戦闘システムは練られてるみたいだったけど、バランスブレイカーな技が多くて後半は適当にやっててもクリアできてしまうのが難点だった。シナリオは鬱っぽくて説明不足なところもあったし人を選びそう。ピアノの曲と雪のグラフィックは良かった。

 

・勇者死す。

ガラケーアプリで配信されたRPGのリメイク。RPGというよりも期間内にフラグ立てを要求されるアドベンチャーのようなゲーム。周回前提なのに同じイベント見させられるのはつらい。強くてニューゲームのような、周回が楽になるシステムがあればよかったかな。10時間もかからずに真エンドまでクリアできちゃうボリュームの少なさも難点。

 

DARK SOULS III

ダークソウルの3作目。デモンズソウルっぽさが復活しててダクソの中では一番楽しかったかも。いつも通りマゾゲーだけど面白い。

 

EVE Burst error R

EVEバーストエラーのリマスター版。亡くなった声優さんもPS2の音源から持ってきたのか声優も変わらず*1、グラフィックはほぼ元のまま綺麗にリマスターされ、既読スキップやその他もろもろのシステムも搭載した良移植。マルチサイトを活用したシナリオは言うまでもなく文句なしの名作。

 

逆転裁判6

逆転裁判の6作目。5で簡単にされたシステムが復活してて良かった。5以降は逆転検事スタッフが開発しているので4までの独特のくどさがないのは残念。5と6で合わせてやるとオドロキくんの不遇さが救われると思う。

 

・ルートレター

角川ゲームミステリーの第一弾?脅迫まがいの行為を繰り返したり、誰に対しても高圧的な態度を取ったり、主人公の人格がとにかくひどすぎる。周りを引っ掻き回した挙句の結末もガッカリするようなシナリオで本当に酷かった。マックスモードとか言うわけのわからん選択システムも意味不明。2016年で一番面白くなかったゲーム。

 

ぷよぷよ(GB版)

ぷよぷよゲームボーイ移植版。白黒なのでスーパーゲームボーイでやらないと見づらい。携帯機でも漫才デモを搭載しているのは良かった。

 

・ショベルナイト

PCで人気のあった2Dアクションの3DS移植版。ドット絵が秀逸で、ゲームとしてはロックマンっぽい。難易度も高く、歯ごたえがあって面白かった。アミーボもかっこよし。

 

・みんなでぷよぷよ

セガに版権が移ってから初のGBAぷよぷよ。いつもどおりの漫才デモ、システムでこれといって特筆したところはないかな。

 

・す~ぱ~ぷよぷよ

ぷよ通のSFC移植版。ぷよぷよは通で相殺システムが加わって、ここで完成したと思う。

 

ぷよぷよ(MD版)

ぷよぷよメガドライブ版。他機種に比べて連鎖ボイスが少ない。

 

・ぽけっとぷよぷよSUN

ぷよぷよSUNのGBC版。漫才デモがなくて一言コメントだけなのはちょっと残念。カラーになったので携帯機でも見やすくなった。

 

ぷよぷよSUN決定版

ぷよぷよSUNのPS移植版。ぷよSUNは64版しかやったことなかったんだけど、漫才デモにもボイスがついてて新鮮。太陽ぷよはゲームバランス崩壊気味なシステムなので失敗だったかな~と思う。絵はこれが一番好き。

 

ぷよぷよ~ん(DC)

ぷよぷよの4作目。いままでと絵柄がガラッと変わった。よ~んの特技システムも対戦を長引かせる要因になってて失敗かな……。漫才デモもシリアス気味であんまり面白くない。

 

・ゴーストチェイサー電精

ウィンキーソフトの電神魔傀のSFC移植版。基本的にはファイナルファイトみたいなベルトスクロールアクション。他のゲームと違うのは通常コンボ→必殺技と、スピード感ある派手なコンボを決められて面白かった。

 

チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。(Vita)

10年前に出た同人2DアクションゲームのVita移植版。洞窟を探索してアイテム集めたり、ボスを倒していったり、平たく言うとメトロイド。難易度は高いけど移植にあたって救済措置が追加されているので助かった。トロフィー全部取るまでやり込むのは難しそう。シナリオは意味分からん(笑)

 

ぷよぷよ(GG版)

ぷよぷよゲームギア移植版。カラーなのでゲームボーイよりは見やすいが、漫才デモは未搭載。

 

テイルズオブファンタジアSFC版)

テイルズシリーズ最初のゲーム。スーパーファミコンで歌付けたり、ボイスが多数収録されているのはすごい。基本はRPG、戦闘が格闘ゲームっぽいアクションで、他のシリーズと違って距離で技の判定が変わるのは特殊でやりづらい。ここから洗練されていったんだなと思う。シナリオは敵討ちの王道かと思いきや、勧善懲悪じゃないストーリーで、これから今まで続いていっただけのことはある名作だった。

 

うたわれるもの 二人の白皇

ADV+SRPGうたわれるもの3作目の完結編。前作が中途半端なところで終わっていたので心配だったが、それを凌駕するほどの出来が良いシナリオだった。1作目が面白かっただけに続編で超えるのは難しいんじゃないかなあと思っていたけど、今回は戦記ものにかなり寄っていて1作目と並ぶほど面白かったと思う。SRPG部分はちょっとバランスが悪かったかも。藤原啓治さん早く復帰して欲しいなあ。

 

・ネットハイ

ツイッターパロディのADV。逆転裁判ダンガンロンパを足したようなシステムで、ゲーム的には簡単。オタクがリア充爆発しろの謳い文句でムカつく奴らを倒していくノリのゲームなのかなと思ってたら、登場人物に悪いやつが居なくて、島本和彦漫画のような熱苦しいノリで論戦して、爽やかにバトル終了する、面白いゲームだった。音楽もおしゃれだったり燃える曲が多くてサントラも買ってしまった。肝心なところが説明されてなかったり粗が多い部分はあったけど、続編を出して欲しいな。

 

龍が如く6

龍が如くの6作目。いつものようなシナリオの意外性はそこまでなかった。旧作キャラの活躍が少ないのが寂しい。ドラゴンエンジンはシームレスで街をウロウロ出来るようになって楽しさが増したので、これを元に2~5をリメイクして欲しいね。

 

天使のいない12月

leafの恋愛ADV。ひたすら屈折して痛々しい中二病の主人公が暴言を吐いててあんまり共感はできなかった。むしろヒロイン側の方に共感してしまったかもしれない。ヒロインたちのリストカットシーンや自殺願望はメンヘラっぽくて面白い。純愛に飽きた人におすすめ?

 

1年で計25本プレイした。今年はうたわれるもの3かネットハイが一番面白かったゲームかな。来年は30本クリアを目標にしたいな。

f:id:mochacha23:20161230222647j:plain

*1:欲を言えばSS版の声優が良かった。