9月21日の日記 『SFC版テイルズオブファンタジア感想』

今日はテイルズオブファンタジアを進めてやっとこさクリアしました。プレイ時間は35時間ほど。このくらいのボリュームのRPGを1ヶ月かけてクリアするのは流石にやる気が無さすぎますね……。ファンタジアはPS版、GBA版、PSP*1をクリアしたんですが、原点のSFC版をやったことがなかったので、なんとなく初めてみたらゲームバランスが凶悪すぎて時間がかかってしまいました。

僕は世代ではないので当時のことは知識としてしか分からないんですが、スーパーファミコンのゲームなのにOPが歌付きで更にボイスも入りまくりで当時は画期的だったと聞きますね。この頃からもう既に人種間の差別や自然破壊がテーマに盛り込んであって、このゲームから今のテイルズシリーズにつながっているんだと思うと感慨深いです。

格闘ゲームのような戦闘は今やっても面白いんですが、距離で使える特技が変わるのはやっぱりやりにくかったです。テイルズの戦闘はデスティニーで発展して、エターニアでほぼ完成って感じがしますね。

PS版以降と比較すると、ゲームバランスが凶悪、ダオスに物理攻撃が効かない、すずが仲間にならない、キャラの性格が微妙に違う等が主な違いですかね。SFC版のミントはPS版に比べると結構はっきりとモノを言う性格になっていたので、そこは驚きました。

流石に今ファンタジアをやるのなら環境的にもバランス的にもPS版が一番ですが、テイルズの原点を知りたい人はやってみても良いんじゃないかなと思うゲームでした。

f:id:mochacha23:20160922021552p:plain

*1:GBA版とPSP版はオススメできない……。